初窯出しに向けて登り窯をたく溝上良博さん=伊万里市大坪町の今岳窯

 伊万里市大坪町の唐津焼窯元「今岳窯」は21日、初窯開きを行う。登り窯から取り出したばかりの新作や、多様な器を詰め込んだ「福箱」を販売し、茶席と温かい汁物を用意してもてなす。 

 新年のあいさつと日頃の感謝の思いを込めて開く。窯主の溝上藻風さん(78)が17日夕に登り窯に火を入れ、長男の良博さん(52)、次男の雅人さん(49)と交代で丸1日半、薪(まき)をたき続けた。赤々と燃える窯の中では、食器や茶器、酒器など約500点が焼かれた。

 21日は午前9時半に開店し、10時ごろから窯出しを始める。作業の見学や体験が可能で、その場で買い求めることもできる。「福箱」は5、6万円相当の器類を1万円で販売する。「登り窯で焼いた作品は、豊かな表情をたたえて使うほどに変化していくのが魅力です」と藻風さん。問い合わせは今岳窯、電話0955(23)3583。(

このエントリーをはてなブックマークに追加