末安伸之町長に寄付金を贈った石丸食肉産業の石丸博清会長(左)=みやき町役場

 みやき町に本社や発送センターがある「石丸食肉産業」(石丸博清会長)は19日、同町に寄付金350万円を贈った。町は伝統文化継承などの補助金として活用する。

 寄付は「創業以来約50年間お世話になっている地域に恩返ししたい」と昨年から実施しており、今回が2回目。同社は伝統芸能の保存や地域創生、動物愛護などに使ってほしいとの希望を町に伝えており、町は要望に添う方向で使い道を検討する。

 同町役場であった贈呈式では、石丸会長が末安伸之町長に寄付金を手渡し、「町民が喜ぶように使ってもらいたい」と要請した。末安町長は「各地区の祭りなど、町として支援したくてもしにくい分野への補助に使いたい」と感謝を述べた。

 昨年の寄付金は、地域住民が受け継いでいる浮立の鉦、太鼓の購入やみこしの修理などに補助した。

 同社はこのほか、上峰町にも同額を寄付した。

このエントリーをはてなブックマークに追加