多久市

 臨時議会は19日開会、市マテリアルリサイクルセンターの建設を西部建設佐賀支店(多久市)と締結する契約議案を可決し閉会した。マテリアルリサイクルセンターは多久市北多久町の小城市と供用予定の広域クリーンセンターと隣接して建設する予定。工期は2019年3月25日まで。建物の工事費は4億7196万円。

 江北町

 臨時議会は19日開会、2億6千万円を追加し補正後の総額を53億3064万2千円とする一般会計補正予算案を可決した。ふるさと納税の寄付が当初見込みを上回ったことによる事業費の増額。

 大町町

 臨時議会は19日開会、ふるさと納税の寄付額4億4千万円など4億4296万円を追加する一般会計補正予算案など2議案を可決、閉会した。

 補正後総額は43億7597万円。ふるさと納税は現状で5億円を計上していたが、昨年末までの実績を基に、本年度末で9億4千万円に上るとみている。前年度の寄付額は約1億4500万で、サイトリニューアルや返礼品の充実で増えたとみられる。

このエントリーをはてなブックマークに追加