在宅医療・介護について考える市民公開講座が21日午前10時から、みやき町のこすもす館で開かれる。在宅医療に関わる医師や行政関係者らが、国が掲げる地域包括ケアシステムなどについて意見を交わす。

 在宅医療・介護について多くの人に知ってもらおうと、鳥栖三養基地区在宅ネットワークが開催。基調講演では在宅医療の第一人者である「にのさかクリニック」(福岡市)の二ノ坂保喜院長が「いのちを受け止める町づくり~在宅ホスピスの現場から」の演題で話す。

 「一緒に考えよう最後までイエ(家)ーイ」をテーマにしたシンポジウムでは二ノ坂院長をはじめ、老人クラブや行政関係者、介護予防に取り組むヘルパーらが登壇し、在宅医療・介護を身近な問題として捉える重要性を探る。

 事務局は「現在、在宅医療などを受けていない人も、近い将来の自分の問題として考えてほしい」と来場を呼び掛ける。入場無料。問い合わせは東町わたや薬局、電話0942(81)3039。

このエントリーをはてなブックマークに追加