必勝祈願に臨むトヨタ紡織九州レッドトルネードの選手たち=神埼市神埼町の櫛田宮

 日本ハンドボールリーグ男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)は17日、神埼市神埼町の櫛田宮で必勝祈願を行った。石黒将之監督(36)は「今季リーグ戦の残り5試合を全力で戦いたい」と意気込んだ。

 必勝祈願には下野隆雄主将や地元神埼市出身の小峰大知選手ら16人が参加。下野主将が玉串をささげた。

 昨年8月から始まった今季リーグ戦は第16週までを終了し、トヨタ紡織九州は通算成績4勝3分け12敗の7位。リーグ戦は2月10日に再開され、トヨタ紡織九州は同日、愛知県で豊田合成(愛知)と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加