第1日、10番でティーショットを放つ石川遼=セントーサGC(共同)

 SMBCシンガポール・オープン第1日(18日・シンガポール、セントーサGC=7398ヤード、パー71)男子ゴルフの日本ツアー開幕戦で、アジアツアーと共同開催。雷雲接近で中断となり78人が競技を終了できなかった。回り終えた中では、昨年のマスターズ・トーナメントを制したセルヒオ・ガルシア(スペイン)と、カート・キタヤマ(米国)が5アンダーの66でトップに並んだ。

 小田孔明が68をマーク。6季ぶりに日本を主戦場とする石川遼は藤田寛之、岩田寛らとともに69にまとめた。昨季賞金王の宮里優作は72と出遅れた。(賞金総額1億1175万円、優勝2011万5千円)(共同)

このエントリーをはてなブックマークに追加