超高齢社会に突入する中、改正育児・介護休業法が来年1月から施行される。家族の介護・看護のために年間9万5千人が仕事を辞めている現実があり、国が掲げる介護離職ゼロに近づけていくのが目標だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加