小城市役所西館

 佐賀県小城市のふるさと納税額が年度末までに18億5千万円に達する見通しとなり、市は17日の臨時議会に2億6975万円を追加した一般会計補正予算案を提案、可決された。前年度を3億円近く上回り、市の過去最高額となる。

 市によると、昨年11月に2億9012万円、12月は7億8904万円と急増し、累計額が年末までに16億9702万円と前年度の総額(15億7979万円)を超えた。17年度当初予算では15億円の寄付額を設定していたため補正した。

 補正予算では返礼品手続き費に1億5876万円、広告料1100万円のほか18年度の事業財源として「ふるさと応援基金」に約1億円積み立てる。

 寄付件数が最も多かったのは3万円の「佐賀牛ロースステーキ810グラム」で約4千件。100万円の「佐賀牛定期便」は約150件あった。130万円の「鍋島段通」には十数件が寄せられたが、製作に時間がかかり供給が追い付かず、現在品切れ状態になっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加