皆さん、明けましておめでとうございます。新年早々、東京都が都立高校の生徒個人が所有するスマートフォンを授業で活用できるようにする方針を固めたとの報道がありました。

 報道によると、都立高校186校のうち10校をモデル校に選び、2018年度に無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」環境を整備。効果や課題を検証しながら20年度以降、全校に広げることを目指すとのことです。

 東京都は元々、都立高校の生徒1人に1台の割合でパソコンの配備を進めていましたが、コスト削減などを考慮して個人スマホの活用が決定されたそうです。スマホの持ち込みを禁止している学校も多かったでしょうから、この決断は大きな方向転換といえるでしょう。

 どのような学習場面で使うのか、スマホを持っていない生徒への対応やセキュリティー対策をどうするのかなど、解決すべき課題は多いと思いますが、大きな関心を持って推移を見守りたいと思います。

(パソコン教室経営)

このエントリーをはてなブックマークに追加