講師の神田つぎ野さん(後列左から3人目)を囲んで

 5年前から毎月第2、第4木曜日、唐津市大良(だいら)公民館で介護予防の健康体操を続けている「唐津大良乙女会」。大良と後川内の70~90代の女性が、介護支援専門員で体操指導士の神田つぎ野さん(60)の指導で、空気を減らしたボールを使った体操とゲームを楽しみながら、筋力や柔軟性、バランスを養っている。椅子に座り負担も軽く、笑顔いっぱいだ。(地域リポーター・古川ゆかり・唐津市)

 

 神田つぎ野さん(60)

 自分のペースで体と頭を使い、ゲームで競うワクワク感が大切。私も皆さんから元気をいただいてます。

 橋本 久代代表(70)

 皆さんが元気に過ごすことで地域のお手伝いもでき、役に立てる。地区文化祭では劇も披露して盛り上がります。

 堀田笑美子さん(90)

 一輪車を押して畑まで1キロ歩いて行くので体力はいりますが、体操とゲームが楽しく面白くてやめられないです。

 橋本田鶴枝さん(86)

 体の調子が良すぎるぐらい元気です。この先、介護にならないよう体操を頑張って健康寿命を延ばします。

 橋本 静枝さん(75)

 冬の農閑期だけ参加していますが、ゲームの地区大会には参加します。みんなと笑ってすごせるのが魅力です。

このエントリーをはてなブックマークに追加