何中国駐福岡総領事(右)と意見交換する山口知事=佐賀県庁

 中国駐福岡総領事の何振良氏が16日、山口祥義知事を表敬訪問し、今後の友好のあり方について意見を交わした。山口知事は、県が長年交流を続けている中国・貴州省を訪問したい意向を伝え、何総領事も笑顔で応じていた。

 県は約20年にわたり、貴州省と青少年交流やスポーツ交流などをしている。昨年は9月に池田英雄副知事が農業をテーマにしたフォーラムに参加したほか、11月のバルーンフェスタでは舞踊団を招待した。

 山口知事は「貴州省とは仲良くしたいので環境を整えていただき、ぜひ一緒に行きたいですね」と呼び掛けると、何総領事は「地方レベルから友好に取り組むために、今年中にもこういうチャンスを生かしていきましょう」と答えていた。何総領事は新年のあいさつで初めて公式に訪れた。

このエントリーをはてなブックマークに追加