ホンダカーズ佐賀(唐津市、岡野俊治社長)は、教育機関に物品を寄贈する1億円のCSR私募債を発行した。佐賀銀行が販売している「地域の芽・育む債」で、同行が単独保証し、償還期間は5年。

 同社は1987年に開業し、県内に6店舗を展開。自動車の販売からメンテナンスまで手掛け、調達資金は運転資金に充てる。

 CSR私募債は、同行の地域貢献活動の一環で、発行額の0・2%相当額を教育機関への寄贈品購入費に充てる。寄贈先は検討中という。

 自動車部品のリサイクルパーツを販売するトラックパーツ西九州dotcom(長崎県佐世保市)も、5千万円のCSR私募債を発行した。

このエントリーをはてなブックマークに追加