アーティストのMisaoさん(右)とFukuさん

Misaoさんの作品

Fukuさんが描いた鉛筆画

 主婦の傍ら創作活動するアーティストのMisaoさん(44)=多久市=とFukuさん(44)=佐賀市=が27、28の両日、多久市のえのぐアートギャラリーで初めての展示会「うっかり初ふたり展」を開く。10~17時。

 Misaoさんは、心の平和の祈りを込めたイメージで自然光や妖精などの抽象画や印象画を手掛ける。一方、Fukuさんは人物や動物など写実的な鉛筆画やポップな動物の絵を描く。

 共に佐賀市の佐賀女子校インテリア科卒で、Misaoさんは在学中に県展で入選。その後、染物屋で染色、印刷会社でデザインを学んだ。Fukuさんは福岡のデザイン専門学校に進学し、主婦になって県展に応募し入賞と入選に選ばれた。

 同ギャラリーは、画家・冨永ボンドさんのアトリエ「Art studio ボンドバ」の敷地内にある。27日13時半からはギター吉冨公治さんとシンガーyanuさんによるオープニングライブも。ライブの定員は30人で、1500円(ワンドリンク込み)。問い合わせはMisaoさん、電話090(7158)9260。

このエントリーをはてなブックマークに追加