日本フィル唐津公演のチラシの一部

 日本フィルハーモニー交響楽団の唐津公演が、2月17日午後4時から唐津市民会館で開かれる。市民団体「唐津日本フィルの会」は、2500円の学生自由席を佐賀県内の小中高生を対象に500円で提供する。

 今年で40回目となる唐津公演は日フィル九州公演の1会場で、ワンコイン鑑賞は独自の取り組み。金子財団の50万円の助成金を受けて実現した。以前は1200人収容する市民会館大ホールが埋まっていたが、愛好者が高年齢化し、最近の集客は700人程度。日フィルの石井啓一郎理事(68)は「お客さんの高齢化は欧州でも同じ。次世代の育成は日フィルにとってもありがたい」と話している。

 指揮者は井上道義さん。唐津公演はソリストに若手バイオリニストの山根一仁さんを迎えてモーツァルトのバイオリン協奏曲第5番(トルコ風)と、地方で聴けるのは珍しいマーラーの交響曲第5番を演奏する。

 先着250人。ワンコイン鑑賞は学生自由席(3、4階)となるが、保護者が指定席A、Bを購入している場合は、大人1人につき子ども1人も同じ指定席で鑑賞できる(数に限りあり)。小中高生だけで鑑賞する場合は午後3時までの来場を求めている。通常料金は指定席のS席6500円、A席6千円、B席5500円、大人自由席5千円。

このエントリーをはてなブックマークに追加