餅つきに参加いただいた皆さん

 1年を締めくくる恒例行事の餅つきを昨年12月27日、佐賀市兵庫町の四季のめぐみ館(ひょうたん島公園)で開きました。会員や親子連れら約50人が参加し、交流を温めながら昔ながらの餅つき体験を楽しみました。

 準備したもち米は105キロ。かまどでお湯を沸かし、せいろで蒸し上げた後、「いち、に、いち、に」の掛け声に合わせ、リズミカルにきねを振り下ろしました。参加者にはおいしい焼き芋やおこわのおにぎり、豚汁の振る舞いもあり、笑顔でほおばっていました。

 つきたての餅は参加家族ごとに約2キロ(重ね餅1組、あんころ餅10個、小餅20個)程度をお土産として持ち帰ってもらいました。

 2017年も皆さまのご協力、ご支援のおかげで会の活動は順調に進展しました。今年もいい年でありますように。 (NPO元気・勇気・活気の会副理事長・北島忠俊)

このエントリーをはてなブックマークに追加