県大会出場を目指している湊中男子ソフトテニス部

■1年生主体、経験重ね

 2年生1人、1年生7人が活動中。かつては先輩たちが九州大会や全国大会に進出した輝かしい実績を持つ。経験を積み、来夏の中体連での県大会出場を目指している。

 今春から顧問の山田洋一教諭(53)は「人数が少ない分、元気よくチームワークを大事にしていきたい」と話す。3年生7人が抜けた直後は、1年生が主体のため練習もままならなかったが、徐々に成長を実感している。

 間もなくグラウンドの改修工事でコートがしばらく使えなくなる。その分、冬場は下半身強化で走り込む。「県大会に行けるチームになるには、まだまだ練習が足りない」と2年生の鈴山純平主将。先頭で引っ張っていくつもりだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加