佐賀県と唐津市呼子町の業者が共同提案していた養殖トラフグの肝臓の可食化について、内閣府の食品安全委員会は7日、専門調査会の会合を開き、県などが提案していた全個体での毒性検査に関して「食品として安全性が確保されると確認することはできない」などとする評価書案をまとめた。専門調査会の委員らに修正点の確認をした上で食品安全委員会に報告、厚労省に答申される見通し。

 提案していたのは、陸上で養殖したトラフグについて全個体で肝臓の一部を特殊な検査方法でフグ毒のテトロドトキシンの有無を確認し、検出下限値以下の肝臓だけ料理への提供を認める仕組み。厚労省に提案し、厚労省が内閣府の食品安全委員会にリスク評価を諮問していた。

 かび毒・自然毒等専門調査会がまとめた評価書案では、トラフグの体内にテトロドトキシンが蓄積される仕組みで未解明な部分が多く「現時点で提案された方法により、食品としての安全性が確保されていると確認することはできない」と指摘した。検査方法についても「テトロドトキシンを測定し、食品の安全を確認する試験法として、その妥当性の確認が行われたことはない」としている。

 県企画課は「安全レベルについて相当厳しいものが求められていると認識した。最終結論というわけではなく、過去の事例をみると意見公募もされているので、それも含めて今後の状況を注視していきたい」としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加