佐賀県と唐津市呼子町の業者が共同提案していた養殖トラフグの肝臓の可食化について、内閣府の食品安全委員会は7日、専門調査会の会合を開き、県などが提案していた全個体での毒性検査に関して「食品として安全性…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加