九州リーグ昇格の2枠を懸けた第41回九州各県サッカーリーグ決勝大会が13、14の両日、福岡市の福岡フットボールセンターであった。佐賀県代表の川副クラブが準優勝を果たし、7年ぶりの九州リーグ復帰を決めた。

 川副クは1回戦でLibertyFC(鹿児島)に3-2で競り勝ち、宮崎産業経営大FCとの準決勝は前半に挙げた1点を守り切った。決勝は沖縄SVに後半突き放され、1-3で敗れた。

 ▽1回戦

川副ク  33-12 Libe

      0-1  rtyF

           C

          (鹿児島)

 ▽準決勝

川副ク  11-00 宮崎産業

      0-0  経営大F

           C

 ▽決勝

沖縄SV 31-11 川副ク

      2-0

このエントリーをはてなブックマークに追加