15日に開通した県道神埼北茂安線の上峰町江迎-みやき町江口間

 神埼市と三養基郡みやき町を結ぶ県道神埼北茂安線の同郡上峰町江迎-みやき町江口間が15日、開通した。国道34号、264号に続く主要道路として、県東部地域の交通混雑の緩和が期待される。

 供用開始された区間は延長約2キロ。切通川と寒水川の2河川に架橋し、片側1車線の車道のほか片側に歩道を整備した。幅員は約12メートル。2000年から事業が始まり、事業費は約21億円。

 県道神埼北茂安線は上峰町江迎-坊所間約800メートルも工事を進めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加