書談義などで親睦を深めた佐賀県女流書展レセプション=佐賀市のホテルニューオータニ佐賀

 第24回佐賀県女流書展(佐賀新聞文化センター主催)のレセプションが13日夜、佐賀市のホテルニューオータニ佐賀で開かれた。同展に出品した県書作家協会の女性正会員ら約70人が書や近況について語り合いながら、親睦を深めた。

 レセプションでは、同センターの中尾清一郎代表取締役が「表現の多様性を感じさせていただいた」とあいさつ。山口祥義県知事も「感動をいただいた。これからも書の道を究めていって」と激励した。

 新たに同協会会員になった石井万里さん(小城市)ら5人の紹介があり、出席した4人が「より一層精進していきたい」と壇上で意気込みを語った。参加者は近況を報告し、作品への思いや感想、今後の抱負などを話し込んでいた。

 新春恒例の県女流書展は佐賀市の佐賀玉屋本館で15日まで開催している。県書作家協会の女性会員109人が出品している。

このエントリーをはてなブックマークに追加