手本を見ながら年賀状を書く児童たち=佐賀市の開成小学校

 佐賀市の開成小(南川雪子校長)で6日、年賀状の書き方教室が開かれた。佐賀八戸溝郵便局の石原資展(よしのり)局長が、初めて年賀状を書く児童もいる1年生の教室を訪れ、児童は手本を見ながら、友達や親戚らに送る年賀状を書き上げた。

 石原局長は「年賀状は新年のあいさつをする特別な手紙」と紹介した。児童は郵便局が用意した、書き方のパンフレットを参考にしながら、色鉛筆などを上手に使って丁寧に年賀状を書き上げた。学校の様子や「遊びに行くね」とメッセージを添えたり、来年の干支(えと)の酉(とり)や羽子板を描いたりして、工夫を凝らしていた。

 市外在住の祖母宛てに書いた増本嘉晴君(7)は「学校で何して遊んでいるかを書いた。初めて書いたから、喜んでくれるといいな」と話した。

 佐賀八戸溝郵便局は、子どもたちに手紙に親しんでもらおうと同校で教室を開き、今年で5年目。今回は子ども用郵便ユニフォームも用意し、児童は制服に腕を通すと笑顔を見せた。

★電子新聞に動画 登録、即利用可、翌月末まで無料の電子版の申し込みはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加