女子200メートル個人メドレーで短水路日本新をマークした池江璃花子の平泳ぎ=東京辰巳国際水泳場

 競泳女子の17歳、池江璃花子(ルネサンス亀戸)が14日、東京辰巳国際水泳場で行われた短水路(25メートルプール)の競技会で、200メートル個人メドレーを2分5秒41、100メートル自由形を51秒62で泳ぎ、ともに短水路日本新記録で1位となった。前日と合わせ、2日で4種目の短水路日本新をマークした。

 池江は「200メートル個人メドレーは最後まで粘れた。100メートル自由形は前半(ペースを)上げなかった分、体力が残っていた」と納得顔。23日から約3週間、オーストラリアで現地のコーチから指導を受ける予定。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加