13日午前8時ごろ、北海道白老町のJR室蘭線の踏切で札幌発函館行き特急と乗用車の接触事故があり、一部区間で運転を見合わせた。大学入試センター試験に向かおうとして二つの駅で足止めされた受験生4人を、道警が試験会場の室蘭工業大(室蘭市)までパトカー2台で運び、いずれも試験を受けられた。

 大学入試センターは、こうしたケースは過去に聞いたことがないとしている。道警は12日、センター試験に備え不測の事態に十分対応するよう各署に注意喚起していた。受験生が足止めされたのは登別駅と、手前の萩野駅。登別駅では事故対応で駆け付けた室蘭署員が「受験生はいませんか」と呼び掛け、男性1人をパトカーに乗せた。萩野駅では男女3人を巡回中だったパトカーで送り届けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加