写真と書と絵画の作品が一度に楽しめる三養基高美術・書道・写真部作品展=みやき町の風の館

 三養基高の美術部、書道部、写真部による合同作品展が、みやき町簑原の風の館で開かれている。日ごろの部活動で制作した作品約60点が展示され、来場者を楽しませている。18日まで。

 生徒たちの創作活動の成果を地域の人たちにも披露しようと開き、今回で12回目。3部の部員計約40人がそれぞれ1~2点ずつを出品した。

 写真部は犬や猫など身近な動物のほか、夕日の風景やスポーツ選手などを写した作品などを展示。美術部は風景画や静物画、抽象画などを出品した。書道部は臨書のほか、ユニークな創作作品も飾った。

 来場者は生徒たちの力作をゆっくり鑑賞していた。問い合わせは同館、電話0942(94)5822。

このエントリーをはてなブックマークに追加