日本相撲協会は13日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、昨年12月に10代の若手行司にセクハラ行為をした立行司の式守伊之助に対し、出場停止3場所の懲戒処分を決めたと発表した。

このエントリーをはてなブックマークに追加