巻頭に、その本をまとめた目的が記されていた。 「経済の理論書は欧米の翻訳書があるものの数少なく、難解だ。『簡易平明ノ教科書』を出すことで、国内の研究を支えたい」-。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加