寸劇を通して反射材着用の大切さなどを解説する交通安全応援教育隊のメンバー=鳥栖署

 鳥栖市交通安全母の会の「交通安全教室」が10日、鳥栖署であり、会員ら約20人が講話や寸劇を通して、正しい自転車の乗り方や夜間の歩き方について知識を深めた。

 教室では鳥栖署員が昨年1年間の管内の交通事故発生状況を「人身事故の発生件数は減少したが、死者は2人増えた。高齢者の事故が多い」などと紹介。別の署員が「自転車は法律上は車と同じ扱い。停止線ではきちんと止まり、後方確認などの徹底を」と呼び掛けた。

 警察OBでつくる「交通安全応援教育隊」による寸劇では、夜間に反射材を着用して歩くことの大切さや横断歩道での安全確認の重要性を笑いを交えながら解説。参加者は楽しく交通安全を学んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加