流通大手の17年3~11月期連結決算

 流通大手グループ3社の2017年3~11月期連結決算が11日、出そろった。セブン&アイ・ホールディングス(HD)とイオンは本業のもうけを示す営業利益が増益だった。海外事業や非中核事業が利益を押し上げた。スーパーなど国内事業には課題が残った。

 セブンの営業利益は、純利益とともに過去最高。売上高に当たる営業収益は3社とも増収だった。

 セブンの営業利益は前年同期比8・0%増の2957億円。米国を中心とする海外コンビニ事業が好調だった。イオンはドラッグストア事業や金融事業が堅調で20・4%増の1027億円。一方、ユニー・ファミリーマートHDは、経営統合後にサークルKサンクスをファミリーマートにブランド転換する費用がかさみ、12・9%減の575億円だった。

 国内では消費者の節約志向が続いており、3社とも苦戦するスーパーを中心に構造改革を実施中。セブンのスーパー事業は営業損益で黒字を確保したが、イオンの同事業は3年連続の赤字だった。両社とも高齢化や共働きの増加など社会の変化に合わせた店舗改革を進める。

このエントリーをはてなブックマークに追加