ソニーが発売した新しい犬型ロボット「aibo(アイボ)」=11日午後、東京都港区の同社本社

 ソニーは11日、人工知能(AI)を搭載した新しい犬型ロボット「aibo(アイボ)」を発売した。2006年に旧製品「AIBO」の生産を停止し、ロボット事業から撤退して以来約12年ぶりの復活になる。この製品を核に、AIとロボットの融合に取り組む考えだ。

 東京都内の本社では犬の鳴き声の「ワン」にかけて、午前11時1分から事前にインターネットで予約した購入者にアイボを手渡すイベントを開催した。新型アイボを受け取った女性は「楽しみに待っていた。家族がひとり増えました」と笑顔で話した。会場には約30人の購入者が集まり、旧型アイボを抱えた人もいた。開発責任者の川西泉執行役員は「愛情を注げばなつくので、大切に育ててほしい」と呼び掛けた。

 販売台数は明らかにしていないが昨年3回行ったインターネット予約は先着順で、すべて40分以内に受け付けを終了した。この日の販売は昨年11月1日に予約した人が対象。次回の受け付けからは抽選販売になる予定だという。

 新型アイボは周囲の状況をカメラやセンサーで把握し、AIを使って行動を決めるのが特徴。インターネットに常時接続することで各家庭のアイボの情報がクラウド上に集約され、成長を促す仕組みになっている。

 本体価格は21万3840円。ただ使用するには本体とは別に3年間のプランへの加入が必要で、3年分の一括払いだと9万7200円かかる。

このエントリーをはてなブックマークに追加