「本物を感じませんか」と入会を呼びかける塘さん

 武雄子ども劇場の運営委員長を務めるの塘由紀さん(47)=武雄市朝日町=は「本物を観(み)る、本物を感じる、本物を体験する」を合言葉に生の舞台芸術を子どもたちに届ける活動をしています。

 プロ劇団による舞台劇や人形劇などの観劇と、食育や季節を感じる体験活動を行っています。活動は31年にも及びます。

 塘さんは「本物の良い作品は、心に響き、心の糧になります。一緒に感じる体験しませんか」と入会を呼び掛けています。申し込みや問い合わせは、武雄子ども劇場の電話まで。(地域リポーター・小林由枝=武雄市)

このエントリーをはてなブックマークに追加