【Reiko’sコメント】
温かな部屋で食べる冷たいプリンは、おいしいだけでなく栄養もたっぷり。砂糖の量を控えるため、キャラメルソースは作らず、電子レンジで簡単にできるリンゴとクルミの甘煮を添えました。レモンの力で色鮮やかに仕上がります。甘酸っぱいリンゴの酸味が、プリンの甘みと相性抜群。余った甘煮は2、3日冷蔵保存が可能。ヨーグルトやホットケーキに添えてもおいしく食べられます。

【材料】(プリン型4個分)

卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2個

【A】
牛乳・・・・・・・・・・・・・・・・・・・250cc
グラニュー糖・・・・・・・・・・・・・・大さじ3
バニラオイル・・・・・・・・・・・・・・・4振り

リンゴ(秋映)・・・・・・・・・・・・・・・1個

【B】
グラニュー糖・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
レモン汁・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
クルミ(無塩)・・・・・・・・・・・・・・・30g
 

【作り方】

(1)ボウルに卵を入れ、コシを切るようになるべく泡立てず、丁寧に混ぜる。

(2)耐熱容器にAを入れ、電子レンジ(600W)で1分30秒加熱し、よく混ぜる。

(3)(1)をかき混ぜながら(2)を少しずつ加え、よく混ぜたら茶こしでこす。

(4)(3)を型に入れ、お湯を張ったグリル皿に並べ、アルミホイルを上から軽くかぶせて150度のオーブンで約30分蒸し焼きにする。オーブンの機種により焼き時間が異なるので、型をゆすって焼け具合を確認し、加熱時間を調整する。

(5)あら熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

(6)リンゴを皮付きのまま4等分にし、芯を取ってそれぞれ放射状に5枚程度にスライスする。

(7)耐熱容器に(6)とBを入れ、リンゴが崩れないよう手で返すように混ぜ、軽くラップをして電子レンジ(500W)で5分加熱し、その後冷蔵庫で冷やす。

(8)冷えた(5)のプリンに(7)のリンゴと汁をトッピングする。

【POINT】

 

プリンは卵の白身の力で固まります。菜箸を短く持ち、ボウルの底をこするように混ぜて白身のコシを切ります。なるべく泡をたてず、丁寧に混ぜましょう。空気が入らないように混ぜることで「す」が入るのを防ぎます。また、最後にこすことできめが細かくなり、泡も消す事ができます。

 

 
 

 

【DATA】
大間 礼子さん 
「旬菜クッキングサロンREIKO」主宰。フードコーディネーター、料理研究家。
HP http://ameblo.jp/reivege

このエントリーをはてなブックマークに追加