本年は明治維新から150年目の節目に当たります。当社にとって産業復興の支援の果実は、1900年のパリ万博での金賞受賞になります。世界を席巻した明治陶磁器に改めて挑戦いたしました。

 悪戦苦闘の末、完成した明治を象徴する花瓶の窯上がりに、いつも焼き物を見慣れた職人が「きれいかー」と食い入るように見つめていました。

 明治を作ることで新しいモダンを見いだすチャンスにしたいと考えています。温故知新。世界に誇れる日本文化として、いま一度伝統文化を磨き、世界を驚かせたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加