江里口秀次氏

 小城市の江里口秀次市長(64)=小城町、3期=は7日の市議会一般質問で、来年3月の市長選に立候補する意向を表明した。

 江里口氏は「西九州大の新学部開設(仮称・地域看護学部)やスマートインターの設置など大型事業が山積している。小城町長時代自ら白紙撤回した運動公園元計画地について4期目でけりを付けたい」と出馬の理由を語った。

 江里口氏は、西南学院大学を卒業後、文具卸会社を経営。2000年6月から小城町長を2期務めた。小城、牛津、三日月、芦刈の4町合併による05年4月の市長選で、元三日月町長ら2人を破り初当選した。

 市長選は来年3月19日に告示、26日に投開票される。他に表立った出馬の動きはない。ただ、市議や自治会長の中には多選批判や、合併10年を過ぎた市政のあり方を問うべきとの声もあり、擁立を模索する動きがある。

このエントリーをはてなブックマークに追加