佐賀県高校総合文化祭の優秀作品が並ぶ展示会=県庁県民ホール

 「第29回佐賀県高校総合文化祭」の優秀作品の展示会が、県庁県民ホールで開かれている。美術・工芸や書道、写真といった高校生たちの力作約30点が並ぶ。13日まで。

 8月に長野県で開かれる全国高校総合文化祭に出品される作品が中心。新聞、文芸、自然科学と合わせ計6部門を展示している。名画をモチーフに佐賀の農産物を人の顔に模した作品や、「18歳選挙権」が導入された昨年の参院選での取材を盛り込んだ新聞記事など若い感性が光る。

 観覧した佐賀市の福山ゆう子さん(35)は「レベルが高いし、部門も多岐に渡って興味深い。文化部以外の生徒も、見たら刺激を受けるのでは」と語った。

 2019年に佐賀県で開かれる全国高校総合文化祭に向けて機運を高めようと、県教育委員会と県高校文化連盟が主催した。開場は午前8時半~午後6時。最終日の13日は午前10時~午後2時。

このエントリーをはてなブックマークに追加