文部科学大臣杯争奪鷹揚旗全国選抜剣道大会が4~6日、青森県武道館であり、佐賀県勢は小学生の部の県選抜と、中学生女子の部の三瀬中が準優勝した。男子の三瀬中は8強に入った。

 小学生の部に25チーム、中学生の部には男子75、女子55チームが出場。小学生の県選抜は準決勝で越生錬成会(埼玉)と対戦。勝者数は1-1で並んだが、本数差で競り勝った。決勝は新十津川尚武館(北海道)に0-1で敗れた。

 女子の三瀬中は準決勝で翔凜中(千葉)に2-1で勝ち、松濤館(秋田)との決勝は勝者数1-1で並んだが、本数差で敗れた。

このエントリーをはてなブックマークに追加