「今度こそ出産できると思って臨むんだけれど…」。その女性は、妊娠をしても流産や死産を繰り返してしまう「不育症」であることを思い悩んでいた。 毎年数万人に発症の可能性があるとされている不育症。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加