献血を申し込む買い物客とボランティアら=佐賀市のゆめタウン佐賀

 新成人を中心に、全国の若い世代に献血を呼び掛けるイベント「はたちの献血」キャンペーンが8日、佐賀市のゆめタウン佐賀であった。学生ボランティアや県赤十字血液センターのスタッフなど約40人が、買い物客らに協力を呼び掛けた。

 同店1階中央に設置されたステージイベントでは、アイドルグループ「トキヲイキル」などのライブが催され、来店者の興味を引いていた。佐賀大学の学生らでつくる県学生献血推進協議会による活動発表やクイズ大会もあり、献血の必要性を訴えた。

 県赤十字血液センター献血推進課は、「10代、20代の献血者数は年々減っていて、少子高齢化が進むと輸血用の血液が十分に確保できなくなる恐れがある。献血キャンペーンで迷っている若者の背中を押したい。もっと関心を持ってもらえたら」と呼び掛けている。

★電子新聞に動画 登録、即利用可、翌月末まで無料の電子版の申し込みはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加