伊万里市役所を表敬訪問し、全国大会での活躍を誓った伊万里ボーイズの監督と選手たち

 伊万里市の中学硬式野球チーム「伊万里ボーイズ」が、3月に関東で開かれる「日本少年野球春季全国大会」に初出場する。攻守で力を発揮して西九州支部予選を勝ち抜いた選手たちは「全国でも優勝を狙う」と意気込んでいる。

 伊万里ボーイズは市内の中学生中心のチームで、現在は1、2年生17人が高校のグラウンドなどで練習している。3投手を中心に守り勝つ野球を得意とし、秋からは打撃強化に取り組んで総合力を高めた。

 12月に開かれた西九州支部予選(佐賀、長崎の11チーム出場)では、1、2回戦で接戦を制すると勢いに乗り、準決勝、決勝はいずれも大勝した。チームの全国大会出場は、2006年の夏の大会以来2度目。原武監督(55)と北村健一郎主将(14)=啓成中2年=らが市役所を訪問し、「大きな舞台でも楽しめるよう練習をして、いい結果を残したい」と抱負を語った。全国大会は3月26日から東京都などで開かれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加