県内の障害者福祉事業所などで作られた菓子や野菜が並ぶ「ふれあいフェスタ」=佐賀市のイオン佐賀大和店

 障害者施設や作業所で製作した商品を販売する「第10回ふれあいフェスタinさが」が7日、佐賀市のイオン佐賀大和店で始まった。施設利用者が心を込めて作った菓子や新鮮な農産物が並び、買い物客でにぎわっている。8日まで。

 県内の18事業所が、手芸品や卵、農薬不使用の野菜などを販売。ろうそくやプラ板製作の体験ワークショップもあり、利用者は元気よく「いらっしゃいませ、お一つどうですか」と客を呼び込んでいた。福岡県糸島市から旅行で訪れた田中美知子さん(68)は漬物やクッキーを買い求め、「一生懸命に作った情熱が伝わってきた」と喜んでいた。県授産施設協議会が主催した。

このエントリーをはてなブックマークに追加