短期肥育で育てられている肉牛=武雄市山内町の佐賀県畜産試験場

短期肥育牛の肉量や肉質の違い

 通常は30カ月の肉牛の出荷月齢を27カ月に短縮し、肉質、肉量とも高いレベルの牛を育てる短期肥育の技術を佐賀県畜産試験場(武雄市山内町)が確立した。年間出荷頭数を1割超増やすことが可能になり、肥育農家の経営効率改善と収益増につながる。今後、成育手法などを周知し、短期肥育を推進する。

 牛は繁殖農家が出産から9カ月間、肥育農家が21カ月程度育てて出荷するのが慣行になっている。

 県畜産試験場は去勢牛を用いて(1)肥育開始月齢を6カ月齢に早期化(早期開始)(2)肥育期間を18カ月に短縮(期間短縮)-する二つの方法で6頭ずつ育てた。短期肥育に伴い、餌は増量した。27カ月齢で出荷した牛の肉量や肉質を、2016年度に通常の方法で肥育した県平均(28~32カ月)と比較した。

 その結果、短期肥育の肉質の良さが際立った。格付けは全頭がA5で、霜降り度合いは県平均の7・1に対し、早期開始が11・0、期間短縮が10・5だった。肉量を示す枝肉重量は県平均490・5キロに対し、早期開始が508・3キロ、期間短縮が483キロだった。

 早期開始の牛が肉量、肉質とも最もいい結果になり、期間短縮の牛は肉量で県平均を下回ったが、肉質は早期開始と同様に高いレベルだった。

 肥育期間が短縮できることで、年間の出荷頭数は増える。県内の平均農家(170頭肥育)で試算すると、現状の30カ月肥育の93頭が、短期肥育によって15頭増(16・1%増)の108頭になる。

 肥育段階の給餌方法は、通常は肥育用飼料を1日3キロ与え、月に1キロずつ増やしていくが、期間短縮では月に1・5キロずつ増やした。早期開始では7カ月目から肥育用飼料を混ぜ、8~8・5カ月後に肥育用に全面的に切り替えて増量した。餌の総量は通常の肥育より若干減り、飼料効率も向上した。短期肥育では、きめの細かさや身の締まり具合が劣る場合があるという指摘もあるが、きめ細かさや締まりも良かった。

 経営効率の改善など短期肥育の利点は以前からいわれてきたが、農家自らが試験的に取り組むにはリスクが大きく、実証データが少ないことなどで導入の動きは鈍かった。今回の研究で多くの県内農家が使う飼料を用いて肉質の良い牛が育つ実績が得られ、短期肥育を推奨しやすくなった。

 県畜産試験場は「肉質がよく生産コストも下がる結果は大きい。農家の収益アップにつながるデータを示し、短期肥育への取り組みを促したい。繁殖と肥育の一貫経営の促進も図られる」と期待する。新たに24カ月齢出荷と飼料の内容変更などの実証研究も始めている。

このエントリーをはてなブックマークに追加