現役時代は不動の強者・巨人に臆せず立ち向かった。監督となっては選手を鉄拳で鍛え、審判に激しく詰め寄る…。人呼んで「燃える男」、星野仙一さん。この“熱い血”のルーツはどこにあったのだろう◆「お父さんがいる子には絶対負けない」「家の中でたった一人の男なのだから、いつもちゃんとして何かあったら一番頑張る」―。星野さんの小学生のころの誓いである。母親の胎内にいる時に父親が病死し、姉2人の母子家庭で育った◆母親は工場住み込みの寮母として働き、3人の子どもを大学に進ませる。星野さんは、大学時代に母親から毎月送ってもらった書留封筒と手紙の束を、ずっと大切にしていたという。明治大野球部では、スパルタ教育で名をはせた島岡吉郎監督に出会う◆島岡さんから「命懸けでいけ!」「魂を込めろ!」「誠を持て!」―の三つの教えを徹底的に仕込まれたと自伝『夢』に記している。星野さんは島岡さんに、知らない父親像を重ねていたのかもしれない。厳しさと愛情。それは、星野監督そのものだ◆その星野さんが70歳で亡くなった。投手としては、意外にも146勝にとどまり、監督としての評価が高い。「若者を育てていくことは男のロマン」と語っていた星野さん。精魂込めて育てた野球人たちの中に、いつまでも生き続けることだろう。(章)

このエントリーをはてなブックマークに追加