平野泰造市議会議長の発声で乾杯する小城市の賀詞交換会=小城市小城町の「ゆめぷらっと小城」

伊万里商工会議所の新年賀詞交歓会で鏡開きをする出席者=伊万里市のロイヤルチェスター伊万里

 鳥栖市や伊万里市、武雄市などで5日、新年賀詞交歓会が開かれ、自治体や経済界のトップらがそれぞれの目標や決意を力強く語り、飛躍の一年にすることを誓った。

 

理解得ながら大事業進める

◇…鳥栖市…◇

 鳥栖市の新年賀詞交歓会はホテルビアントスで行政、商工関係者ら320人が出席して開かれた。橋本康志市長は市庁舎建て替えや鳥栖駅周辺整備などを挙げ「大変大きな事業が動き始めている。皆さんの理解と協力を受けながら着実に進めていきたい」と決意を示した。来賓の山口祥義知事は「今年は明治維新150年。これから幕末維新博をやるが、皆さんもぜひ維新博を飛躍の原点にして」と呼び掛けた。

 

大学、インター人と物集まる

◇…小城市…◇

 小城市の賀詞交換会は、小城町のゆめぷらっと小城であり、約150人が新年のあいさつを交わした。主催の小城商工会議所の村岡安廣会頭は「2年前は千葉氏が小城に下向して700年。昨年は鍋島家が小城藩を設置し400年。今年は明治維新150年と、小城は絶えず節目。発展には皆さんの力の結集が必要」と呼び掛け、江里口秀次市長は西九州大新学部やスマートインター開通を挙げ「今年は人と物が集まり、いろいろ変わってくる」と述べた。

 

西九州ハブ都市千客万来目指す

◇…武雄市…◇

 武雄商工会議所の新年賀詞交歓会は武雄センチュリーホテルで約250人が出席して開かれた。溝上邦治会頭は2022年度開業予定の九州新幹線長崎ルート整備に触れ「誰かが声を上げていかないといつまでもリレー方式が続くことになる。今から一生懸命、本線につなげる活動を」と呼び掛けた。小松政市長も「西九州のハブ都市として“千客万来の武雄”を目指す一年にしていきたい」と語った。5月に新市庁舎で業務が始まることも紹介した。

 

新幹線フル規格目指し力結集を

◇…嬉野市…◇

 嬉野市賀詞交歓会は和多屋別荘で開かれ、行政や各産業の関係者ら約200人が参加した。主催した市活性化懇話会会長の谷口太一郎市長は2022年度開業予定の九州新幹線長崎ルートを「私たちの悲願」とし、昨年末、全線フル規格化に向けた事実上の決起大会開催などを報告。「市民が力を合わせて飛び立つ年。ご協力をお願いしたい」と述べた。

 

西九州道延伸は活性化の好機

◇…伊万里市…◇

 伊万里商工会議所の賀詞交歓会はロイヤルチェスター伊万里で開かれ、企業や行政関係者約430人が新年を祝った。古賀富男会頭が「行政や商工会議所だけでなく、地域の人々とも連携してこれからの伊万里を豊かにしていきたい」と抱負。塚部芳和市長は「西九州道の延伸や女山トンネルの開通で都市へのアクセスが改善されることを好機と捉え、地域を活性化させていきたい」と語った。

 

力を合わせて温かい町つくる

◇…基山町…◇

 三養基郡基山町の新春年詞交換会は町民会館で開かれ、約130人が歓談した。松田一也町長は昨年12月末の町人口が前年と比べて24人増えたことを挙げ「これから人口はじわじわ増えていく。皆さんと力を合わせ、温かい町基山をつくっていきたい」と抱負を語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加