エコノミクス甲子園に出場する弘学館高の河村晃希さん(左)と城正人さん=佐賀市の同校

 2月に東京都で開かれる「第12回全国高校生金融経済クイズ選手権(エコノミクス甲子園)」に、佐賀市の弘学館高(楢崎浩史校長)が初めて出場する。佐賀県代表として挑戦権をつかんだのは1年生の城正人さん(15)=熊本県荒尾市=と河村晃希さん(16)=福岡県久留米市。2人は「(予選では)実力を出せてうれしい。すごく勉強になった」とはにかみ、次は全国の頂点を目指す。

 昨年12月、20チームで争った県予選(佐賀大会)。50点満点の筆記試験や、ベーシックインカム、マイナンバーなどを答えさせる早押しクイズで6チームに絞られた。決勝は、クイズに答えて、手持ちの100万円を預金や運用で増やしていく勝負。2人は他チームとの緻密な駆け引きを制した。

 昨年11月初旬、「小学生のころから新聞で全国経済ニュースを見ることが好き」だった城さんが、大会の告知ポスターを見て河村さんを誘った。河村さんは「正直できるかな」と不安だったが、出場を決意。経済用語などが記された資料を読み込んで本番に備えた。

 大舞台に向けて、「全国優勝したらニューヨークへの研修旅行がある。そこに行くために準備したい」と城さん。河村さんは「佐賀大会では何もできず迷惑ばかりかけた。全国大会ではしっかり勉強して挽回したい」と意気込んでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加