年越し太鼓を演奏した「板木法行太鼓保存会」=伊万里市波多津町板木の田島神社

 伊万里市波多津町板木の和太鼓グループ「板木法行太鼓保存会」が大みそかの夜、地元の田島神社で年越し演奏を行った。打ち鳴らされる太鼓の音は山あいの集落に響き渡り、集まった人々は厳かな気持ちで新年を迎えた。

 板木地区では5年前、住民有志が地域を盛り上げようと和太鼓グループを結成した。大人と子ども合わせて十数人で活動し、毎年1年の締めくくりに地域の無事と平穏を祈って太鼓を演奏している。

 奏者たちは集落を見下ろす場所にある境内で午後11時半から演奏を始め、月明かりとわずかな照明の下、年が明けるまで太鼓を打ち続けた。演奏後、リーダーの前田和宏さん(49)が「今年も心を一つにして一生懸命に地域を元気にしていきたい」と述べると、50人余りの聴衆から温かい拍手が送られた。

このエントリーをはてなブックマークに追加