山口祥義知事

 前知事の辞職に伴う前回知事選は「年またぎ選挙」で、新人4人が名乗りを上げ、12年ぶりに保守が分裂する激戦だった。任期満了は2019年1月だが、今回は12月選挙が有力視される。1期目の山口祥義氏(52)は態度を明確にしていないが、立候補は濃厚とみられる。佐賀空港へのオスプレイ配備計画の判断時期をにらみながら、出馬表明のタイミングを探る。
 昨年11月の会見で山口氏は「種を植えたことが、苗代に移ったという事業も多い。しっかり育てなければならない」と述べた。
 共産党は候補者擁立を検討している。自民党など他の政党は「まだ議論していない」とし、国政課題への対応次第では構図が動く可能性もある。

 

関連記事

山口知事新春インタビュー 1期目仕上げの年へ(2018年01月01日)

知事選まで1年 山口氏2期目出馬濃厚、共産は擁立模索(2017年12月18日)

山口知事 支持基盤固め着々 初の資金パーティーに1000人(2017年09月18日)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加