京都市の伏見稲荷大社で始まった「さい銭開き」=4日午前

 商売繁盛の神様として知られる京都市伏見区の伏見稲荷大社で4日、正月三が日に集まったさい銭を勘定する恒例の「さい銭開き」が始まった。

 白衣姿の銀行員が社務所で白い布にさい銭を広げ、大量の小銭や紙幣を数えた。中には「2951(福来い)」や「4129(良い福)」など縁起の良い語呂合わせの金額を書いた小切手のほか、米ドルや人民元など外国紙幣も入っていた。銀行員約10人が5日ほどかけて集計する。

 大社の担当者は「三が日は天候にも恵まれ、人出は例年並みだった。今年もより楽しく実りのある年であればと思う」と話した。総額や三が日の参拝者数は公表しない。

このエントリーをはてなブックマークに追加