◇…石   油…◇

 原油価格の上昇を反映して、石油製品の販売価格はガソリンや軽油をはじめ軒並み上昇傾向にある。石油輸出国機構(OPEC)が減産継続の方針を示しているため、今後も値上がり基調が続くとみられる。

 灯油や重油の使用が増える季節となり、暮らしや経済活動への影響が懸念される。高値で需要が落ち込めば、販売店の経営も悪化する。既に店舗の整理縮小や再編が進んでいるが、人口の少ない地域での経営はぎりぎりのところに来ている。

 (光武繁・県石油商業組合専務理事)

このエントリーをはてなブックマークに追加