◇…機械・電機…◇

 東京五輪・パラリンピックを2年後に控え、建設関連を中心に取引先企業からの受注増が期待される。その中で重要になるのが技術者の確保・育成。学校とも連携して人材を育て、同時に賃金アップや勤務時間の柔軟化などの対応を進めていかなければならない。

 生産性向上の取り組みもより一層加速させる必要がある。情報通信技術(ICT)を積極活用し、品質や価格競争力で優位に立てる環境を築いていきたい。

 (中村敏郎・県工業連合会会長)

このエントリーをはてなブックマークに追加