参加者から希望を聞き取り、佐賀県内企業の求人などを紹介している「新春UJIターン就職相談会」=県庁

 年末年始に帰省したUJIターン希望者を対象にした就職相談会が2日、佐賀県庁新行政棟1階の「さが元気ひろば」で始まった。職歴や技術を生かした県内企業への転職や、希望に応じた住まいの情報を提供し、県内定住を後押しする。

 定住人口の増加を目指して2015年に設置された「さが移住サポートデスク」の仕事コーディネーターが4人体制で相談を受け付けた。求職や家探しでレンタカーを使う際、県が費用を助成する制度なども紹介した。小城市出身で、現在は滋賀県で暮らす女性(26)は「滋賀や大阪も便利だけど、結婚や子育てのことを考えると、こっちかな」と話し、事務職を中心に転職先を探していた。

 相談会は3日も実施し、午前10時から午後4時まで。予約は不要で、問い合わせはさが移住サポートデスク、電話0952(25)7551。

このエントリーをはてなブックマークに追加