第94回東京箱根間往復大学駅伝第1日は2日、東京・大手町から神奈川県箱根町までの5区間、107・5キロに関東の20校とオープン参加の関東学生連合を加えた21チームが参加して行われ、昨年総合2位だった東洋大が5時間28分29秒で4年ぶり6度目の往路優勝を果たした。

 総合4連覇を目指す青学大が36秒差の2位。早大がさらに1分20秒差の3位で、拓大が4位、法大が5位。今季の出雲全日本大学選抜駅伝を制した東海大は9位、全日本大学駅伝優勝の神奈川大は15位と大きく出遅れた。

 4年ぶりの総合優勝を狙う東洋大は1区で1年生の西山和弥がトップに立つと、3区の山本修二も区間賞の走りを見せるなど首位を譲らなかった。

 3日の復路は5区間109・6キロで争われる。

 佐賀県関係では、鳥栖工高出身の3選手が出場した。

 1区(21.3キロ)には上武大4年の坂本佳太が出走。4年連続の出場となった坂本は18キロ付近まで先頭集団に付き、トップと35秒差の1時間2分51秒、区間8位と好走した。

 3区(21.4キロ)では6位でたすきを受けた早大4年の光延誠が区間4位の力走。1時間3分33秒でまとめ、チームを3位に押し上げた。

 5区(20.8キロ)には駒大2年の大坪桂一郎が登場。1時間16分27秒で区間16位だった。

このエントリーをはてなブックマークに追加